妖精さんって怖いんですね。
raikusさん、身震いしました……。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン



風神録続きで上げときます。
この人のオカリナは超うまいですね。
ネイティブフェイスなんてピアノ殺しって呼ばれてるのに、それをオカリナで吹くってどういうことなの。
あー、オカリナは1オクターブしかないので(ダブルは除く)もちろん重ねて録音してるんでしょうね。


ということで、part3になるです。
一体何が行われるです?
お菓子くれますか?
お肉食えますか?
メルヘン街道って甘いですか?
ビーナスラインには女神さんが待ってるですか?



IMG_0974



ここ……亀岡……なのか?


霧ヶ峰キャンプ場からお送りします。
まぁ、名前の通り霧ってます。もう、きりりん♪キャンプ場って呼びますね。
これは朝露で撤収めんどくさいかなぁと思ったら、意外と晴れ間がさして一瞬でテント乾きました。
しかし、前のテントからのいびきがすごかった。
こんな離れてても聞こえるんですから……。


IMG_0976


暑くてぐったりしている西さんを撮影。
蜃気楼が見えるんだぜ☆
こんな暑い日にトラックの後ろを走るのも嫌だなぁ。

livedoorのお絵かきツールで画像が反映されません。
なんででしょう?
それにあれ、なんか重くないですか?


私はどちらかというとノンストップで道路を楽しみたい派なので(こういう道路主体の道だとピンと来る景色でしか止まりません)、ところどころ写真を撮る西さんとは合わないので、この日は目的地だけ決めて別々に行動することに。
なんかいちいちバイク停めて写真撮るの怠くないですか?
分かってくれる人いないかなぁ。


IMG_0975


IMG_0977

IMG_0978


ビーナスラインの入り口を写真にとって、メルヘン街道を先に通ることにします。
ちょうど迂回するようなルートになります。
さて、このR299のメルヘン街道、入口あたりは素晴らしかったです。
眺めもいいし、なにより気持ちいい。
これは期待できるなぁ! ……と思った時期が私にもありました。


実際はすげぇうねうねした道で、全然メルヘンじゃなかったです!
道はひび割れたところもありますし、どっちかというと酷道です。というか峠です。


IMG_0981


IMG_0982


どや、楽しそうだろ?
これでもヘトヘトなんだぜ?


IMG_0986

IMG_0990




蓼科(たてしな)スカイラインを通り、ビーナスラインへと向かいます。
やっぱりワインディングロードです。
ここははっきり言って風景ぐらいしか見どころはないです。
なんか会員専用と書かれた建物しかありませんし、大型の加速を活かしてクライムします。
頂上付近に上ると、案外車がいてびっくりです。どこに人がいるの?


IMG_0991

IMG_0992

IMG_0997
IMG_0994

IMG_0995



このぐらいの標高になると、さすがに空気が薄いなぁと感じられます。
標高2.530mですよ?気づけばこんなに上っていたんですね。
蓼科山は日本名山100選に選ばれているそうですが、マップルには記載されてません。


IMG_1001


IMG_1003

IMG_1005



蓼科スカイラインを下っていくと、トキンの岩と書かれた標識に出会います。
しかしカーブ付近で見通しが悪い場所なので、くれぐれも注意して停車しましょう。

このトキンの岩、ものすごく怖いです。
命綱もなければ、足場も悪い。

あともう少しのところでてっぺんでしたが、もう足場がないので引き返しました。(頂上には祠があるようです)
私みたいな下りの階段でも手すりが必須な高所恐怖症の方は絶対お勧めしません。
なにぶん標高が高いので汗はそんなにかきませんが、冷や汗がすごかったです。
いろんな記事を見ると余裕とのことですが、私には無理です。

ちなみにこの近辺で利休庵のかき揚げ丼が有名らしいです。
白樺湖・かき揚げ丼でぐぐってみれば、すぐにヒットします。


IMG_1007


IMG_1009

IMG_1018


さて、待ちに待ったビーナスラインです!
ようやくここまで来た!
この道のために長野に来たといっても過言ではない!

片道一車線ですが、ラインは白線なのでおいこしは可能ですがなにぶん登り道なので、排気量によっては追い越せません。
とろとろ走ってる車が譲ってくれないと、ずっとケツを追うことになりかねません。
私も終盤は軽トラの後ろを走ってました、最悪です。


IMG_1014

IMG_1017


ビーナスラインを進むと、道の駅美ヶ原美術館に到着します。ここがビーナスラインの到着もしくは始発地点ですね。


あらら、カウル割れてますがな(人のことは言えない)。ワイルドですね!
あと、B-KINGを見かけたときは西さんと盛り上がりました。
やっぱり独特なマフラー形状してるなぁ!
バンディットのハーフカウルもかっこいいですね!
個人的にはエンジンはブラックのほうが好きです。


やはりメッカなのか、平日でお盆外したのにライダーは結構います。
メルヘン街道からよく見かけられますね。
あまりの景色の凄さにテンションも上がり、暑さもなんのそのヤエーで迎え撃ちます。
もちろん先攻ですよ?当たり前じゃないですか。


IMG_1019


さて、また峠か。


とまぁ、残念な気持ちになりながら美ヶ原林道を渡ります。
やっぱり積載分もあってか、かなりバイク重かったです。
バイクを倒すんじゃなく、自分を倒しこむように曲がらないと綺麗なラインが描けません。
手首が結構しんどかったー!
松本市に行くにはどの道が一番早くいけたのかな?



松本市に着いた時には夕方でした。
とりあえず、テントを張るために梓水苑に向かいます。
利用料は700円だったかな?
街中にある施設なので、個人的にはかなり良いキャンプ場でした。
女性の方が1人でテント泊してました。かなり手馴れてましたね。


IMG_1025

IMG_1026


さて、デジカメの限界がやってきました。
圧倒的に光量が足りません。真っ暗です。

松本市に来たなら松本城です。
すでに開城時間は終わってしまっていたので、外観でも写真に収めることにしました。


IMG_1036


IMG_1049

IMG_1045



個人的に三枚目がかなりいいかなぁと思うんですが、どうでしょう?
なんかミニチュアっぽくなったかな?
芝生にフラッシュが反射するという予想外なことが起きて、ライトアップしてるようになりました。
芝生の広さと城の堅牢さを前面に出したつもりなのですが、やっぱ難しいですね、建物を撮るのは。


IMG_1053



おまけです。
なにこれきもい。

こいつら光に集まった虫を食ってやがるんですね。
いい気分で帰れると思ったんですが、ショッキングな帰り道になってしまいました。
いや、マジで怖いから……。


IMG_0946



ちなみに最終日以外は夕食の調達はSEIYUです。
すげぇ助かりましたね、SEIYUには。
もう、ボクらのSEIYUって感じです!声優じゃないよ?
旅をしてるとスーパーのありがたみが分かります。


以上、三日目の旅を記事にしたpart3でした。


動画を今回も上げましたが、実はcontourの蓋が取れて撮影できなくなりました(蓋に電源ボタンあるので)
なので不格好ですがデジカメをハンドルに固定して撮影に挑んだのですが、ブレがひどいです。
見れたもんじゃないです。ヤエーの瞬間もブレで見れません。
風景などはかろうじて分かるので、雰囲気だけでもわかれば幸いです。

http://youtu.be/HQXQIksFnG4