11



お久しぶりの更新です、raikusです。
正直心落ち着かない日々を送っており、精神的にも参ってるので、前から行きたいと思っていた福井県に一泊二日のツーリングに行くことにしました。

天候にも恵まれ、非常に気持ちのいいツーリングでした!
では、さっそくレポでも。


               


IMG_1790


今回の旅のお供はミクさんです。
ファミマver.コスにて旅をサポートしてくれました。

出発は8時半、本当は8時出発予定だったけど、時間通りに出発できた試しがない(笑)

湖西道路を通り、琵琶湖大橋米プラザへ。
ここ来るのマジで何度目やねんと思いつつ、颯爽とスタンプ回収。

湖西道路ですが、長く工事していた区間が終了して二車線になっていました。
二車線になったので、渋滞も少し緩和されてましたね。
よくあそこで取り締まりが行われてたんですが、今度はどこでやってるんですかね、情報求ム!



52

IMG_1792



くつき新本陣、藤樹の里あどがわ、しんあさひ風車村、若狭熊川宿、マキノ追坂峠の5つの道の駅を巡り、161号線を北上。

藤樹の里あどがわではカブトムシが展示されてました。
カブトムシは小学校の時に飼育してたんですが、餌をやるのを忘れてて、どうなってるか見てたら共食いして頭部だけを残したのを見て以来、トラウマです。
あいつら、やっぱゴキブリの仲間だよ、気持ち悪い……汗

敦賀フェリー港より北に進むと、日本海を眺望しながら走行できる8号線に変わります。
別名:しおかぜライン

ここの道はとても気持ちいい道ばかりで、すごく快適。
適度なカーブなどがありますが、風が結構強く、小排気量は苦労する道かもしれませんね。


48

09


道の駅河野に着くまでの道中で海鮮丼を食べられる場所があったので、奮発して昼飯。
お値段は1470円。
なかなか美味しかったです!


IMG_1794


海鮮丼を食した後は、道の駅河野へ。
ここは、はっきり言って何もありません。
直売所みたいなところも見受けられないですし、ほんと休憩のための場所という感じ。
ただ、日本海が一望できるので、景色は最高です!


IMG_1795

IMG_1798



越前に入ると、船が見えたのでここで一休み。
ちょうど日本海も一望できたので、ここで撮影タイムに。

海が青く見える理由ってみなさん知ってますか?
実は紫外線の中には赤や紫といった色が含まれているんですが(虹を思い浮かべてください)、暖色系は海に吸い込まれるのに対し、青といった寒色系は海から反射するために青色に見えるのだそうです。



IMG_1797


ミクさん、きゃわわ///

ただ風景を撮るんじゃなくて、こういった被写体を作るのも楽しいなと感じます。
彼女作れってことですね、分かります(激おこ)

風が強すぎて、うまく立たせられなくて、思った以上にここで道草を食ってしまいました(笑)


IMG_1801



こういうトンネルっていいですよね。
この先にどんな景色が広がってるんだろうと気分が高揚してきます!



IMG_1799

IMG_1800



なんか魚っぽいものに群れるカモメを追い払い、猫が狙ってるという写真。
これ、なんだろ?
吐瀉物にしか見えないんですけど。



IMG_1802



05

22



ひたすら日本海側を北上し、道の駅みくにへ。

なぜかここに熊本の地サイダーがあったので、梅もあったんですが、今回はデコポンで。
飲んでみたら……。


これ、ファンタじゃね?


なんかファンタほど炭酸はきつくないんだけど、味はオレンジに似てるというかなんというか。
まぁ、美味しかったからいいけど。
検索してみたらamazonで売ってたんで、良かったら買ってみてください(笑)


IMG_1805

IMG_1804


本当は東尋坊に行くつもりだったんですが、そこにいた駐車場の管理のじいさんの態度がもう最悪で、本当に気分を害したので訪れるのはやめました。
京都でもあんな糞対応はないですわ、意味わからん。
500円かかる駐車場は使わない方がいいかもね。

東尋坊は諦めたので雄島を訪れることに。


00

IMG_1806

05


階段は下りしか撮ってないんですけど、足場の悪さは分かってもらえるのではないかと。

さすがに全部回る元気ねーよww と、へたれ根性丸出しなんで半分周ってきました。



28


道のど真ん中にこんなのがあるんだぜ?
どうみてもトラップじゃないですか、やだー!!

ポケモンで言うなら、秘伝マシンno.1の「いあいぎり」がなかったら通れないですよね、これ?ww



IMG_1809

IMG_1808


なにげにポツンと重要文化財があるから、見逃してしまいそうになる。

この島全体が手入れをされた舗装路じゃないのは、なにもサボっているわけじゃないそうで、あえてそうすることで雄島が信仰対象であるためだからそうです。

また、ここは特別指定保護区のため、動植物の採取は法律でも禁止されているので気を付けましょう。
(道中は草に隠れて、道が見えない部分もありますが)



IMG_1811

IMG_1812


草道をかき分けて進んでいくと、こんな標識が。
でも、この水源は残念ながら見つけられませんでした、というかどこにあるの?って感じです、くそー。

夏は3℃という冷たい水になるそうで期待してただけに残念です!



IMG_1814

IMG_1813



中に入れない灯台にがっくりとしながらも、花を撮ってご満悦なraikus氏。

雄島はまさに秘境って感じでした。
自然の中にいきなり人工物が出てくるのにはびっくりしますし、ものすごい形をした岩などが見受けられます。
ぜひとも訪れてほしい場所ですね。


IMG_1817

IMG_1815

06




へとへとになりつつ、道の駅さかいへ。
ここも特に農産物の直売所以外に何もないのですが、スタンプを押すところの施設の内部にちょっと驚きましたね。
一本の支柱から何本ものの柱が続くのが面白くて、パシャリ。
なんかこういうボスいそう……(笑)



00



夕飯の買い出しをした後は、キャンプ場へ。
今回泊まったのは「たけくらべ広場」というところ。
テント持ち込みで500円と、清掃費200円で合計700円でテント泊できます。
関西では安い部類に入るキャンプ場ですね!


昨年の長野ツーリング以来となる1年ぶりのテント泊なため、設営にかなり手こずってしまった。
また今回は新しく投入したヒルバーグのタープ10を使用したのだが、うまく張れなくてこれに凄く時間をかけてしまった。
テントはすぐに張れるんだが、タープでこんな時間かかったらどうしようもない。
北海道ツーリングの前にイメトレをしないといけないな。


IMG_1820

33



夜食は近くのサークルKにて調達。
自分で料理などはしないのが私のスタイルだ(基本、面倒だし)

上の食材などで524円。
今回実はサークルKにて無料引換券が当たっていたので、ZIMAと十六茶が無料で手に入ったのでこの金額で済んだ。


夕飯はラーメンと食パン2枚という、すごいコラボ(笑)
これぞ貧乏飯!という感じで良いんじゃないですか?


ここのキャンプ場は子ども連れが多くて、コテージ?のほうからもキャッキャッという声が聞こえたり、隣では家族連れがバーベキューをしていたりと、どちらかというと地元民が使用している感じに見えた。
ここは珍しく花火もできるキャンプ場なので、花火で遊びに来た近くの保育施設の子どももいたりした。


55


このキャンプ場はなんと、お風呂も隣接されているから便利だ。
銭湯の使用料は500円。
はっきり言って私は公共浴場があんまり好きじゃない。
他人と風呂入るなんてなんか嫌だし、なんか落ち着かない感じが苦手だ。
もともとのぼせやすい体質なので、500円分温泉を楽しむこともできないのが辛い。


お風呂からあがると、丸岡城のオブジェがあった。
次回の記事では日本最古の天守閣である丸岡城に行った内容を含む記事となりますので、次回をお楽しみに!!