23



さて、ようやくやってきました北海道!

小樽キャンプ場より書き込んでいるraikusです。


ホテルと違って、キャンプ場はLTEが通っていないので、なにぶん電波状態が悪いです。
画像をアップロードするのにも一苦労です。


さて、試される大地にやってきたわけですが、さすが試される大地ですね。
試される大地に到着するまでに試されてしまいましたwww
いやー、今までのバイクキャンプ経験上起こらなかった事態が起こってしまいました。

twitterやブロガーさんの一部の仲間達は知っておられると思いますが、詳細は続きへどうぞ。






フェリー出航は0時20分。 90分前に到着してください、とのことなのでそれに合わせるように出発。親から餞別の2万円を手にし、見送りを受けて、いざ参らんと意気揚揚に舞鶴に向かう途中で事件が起こりました。



29




事件発生現場は、おそらく綾部ICあたりだと思われます。

パーン!!! 
という大きな音がしたので、あわてて停止。

嘘やろ、タイヤ変えたばっかやのにバーストでもしたんか!? と最悪の事態を想定しました。

実際はサイドバッグが破裂し、中身の物を道路上にぶちまけてしまいました。
ペグなどキャンプ備品を詰め込んでいたので、先に警察を呼ぼうかとても悩みましたが、ペグを落としていたので、最悪多重事故になりかねないと思い、断腸の思いで拾うことに。

ほんとはダメです。
これをやると歩行者立ち入り行為になり、罰点?対象です。


なんとかペグやタープ、そしてポールを回収できましたが、ランタンや殺虫剤類は全滅。
ペグは2本紛失していたので、警察に報告。
警察と黄色い車に連行され、事情聴取。私の場合、走行準備不注意、歩行者立ち入りで罰金は覚悟していたんですが、今回は厳重注意で済みました。

書類を記入した後は「安全運転で北海道楽しんできぃや」と言われましたが、正直かなりショックで返事できませんでした。


 
殺人考察……ならぬ、事件考察。



おそらく今回の事件の一端はガス缶と殺虫剤の缶をマフラー側のサイドバッグに入れていたことが原因かなぁと考えています。
おそらくマフラー熱で内部の温度が急激に上昇し、なんらかの要因で引火して「パーン!!」という大きい音に繋がっていたのではないかと。
いつもはダッフルバッグに積んでいたのですが、備品は備品で固めていたので、まさかこのような事態になるとは思いませんでした。

今までこんなことは起こったことがなかったのですが、起こったことは仕方ないです。
これを経験として、これからはマフラー側にはガス缶を積まないようにします。


どんよりした気持ちで舞鶴フェリー港に到着。
LINEでぷよ本さんが冷やかし、見送りに来てくれるということなので待つことに。
フェリー乗り場は実際、30分前に来ても良いようですね。もう少し遅い時間に来れば、今回の事件も起きなかったのかなぁと淡い思いが浮かんできました。
北海道に行く私に、男に掘る、掘られない♂の話をするぷよ本さんは輝いて見えました。
これから彼と会うときはお尻の穴をガードしないといけませんね、ニヒッ。


 
画像1




起こったことは仕方ない、あとはもう楽しいことしかないんだ、北海道では思う存分楽しもうと、フェリーに乗り込みます。 バイクは多分70台ぐらい。全乗客数3000人はいると後で知りました。




画像1




ツーリストAとSは満室でしたね。
フェリー内での部屋はツーリストAなのですが、思ったより広くて驚きました。

私は一番下のベッドをあてがわれたのですが、正直これは残念でした。
一番下って、船の振動をもっとも受けやすい場所なのではないかと思うほど、ぐらぐら揺れて寝にくいです。
キャンプに使うエアマットを持ち込めばよかったと、後悔しました。
これからフェリー乗られる方いましたら、エアマットは持って行ってもいいかも。とにかく振動は凄いです(笑)



画像4




今回の相棒は雪ミクさん。
理由は北海道だから、ただそれだけwww

まぁ、かわいいは正義だし?


画像5



画像2


フェリーの中はとても暇でした。想像以上に暇でした。

ビンゴゲームもあったのですが、今までビンゴしたことない不幸な体質の私はやはり当選しませんでした。
オレの幸運は一体どこで消費されているの!?

お風呂はサウナがある、公衆浴場みたいな風呂場です。
サウナがとにかく暑かった。頭くらくらします、あの中。

あとはゲームばっかりやってましたね、途中で電池切れて寝てましたけど。
もっと歓談に花を咲かせるものだと思っていたんですけど、なかなか自分だけのスペースがあるもんなので私からは話さなかったですね。
あと意外とマスツー集団が多いです。マスツーの中に話しかけるのは一苦労なんで、それも理由かも。


それとガキンチョが多いです。あいつらここは校庭かっ! ってぐらいに走り回ります。出会いがしらにぶつかって恋に発展するなんて、ガキではありえません。オレの青春返せ!(5回体当たりされた)



画像6



20時40分、ようやくオートバイの下船案内がかかる。荷物をセットし、忘れ物がないかチェック。あんなにブルーな気分だったのに、寝たら治ったのか、すごいわくわくしてきました。


 
画像7



下船後はセイコマでジュースを購入。
その後は小樽自然の村キャンプ場に着いて、今に至ります。

 あと、セイコマのカードなんですが、ポイントもらっても使い切らないともったいないので作りませんでした。
なんでも5万円以上買いこまないと、ポイント引き換えできないとか。
1.2万ぐらいなら使うとは思いますが、さすがに2週間で5万円まで使うことはなさそうなんで、今回はパスの方向で。



画像8




明日は稚内に向けて、北上予定。
まず最初の目的地は小樽駅で、そのあとホームセンターとかかな?
ランタンがないと、設営めっちゃ大変でした。


 今回の走行距離 121km。


この旅の記録をセーブしますか?

 
はい      ←

いいえ


明日へ続く。