2014年最初の驚きの事実

・千葉県には天下一品の店舗はない(昔はあったそうです)



(^q^) 皆様、あけましておめでとうございます 。

(^q^) 新年の挨拶早々、ふざけた顔文字を許してください

(^q^) ガールズフレンド(仮)が悪いんですよ……

(^q^)  くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwww(クロエ・ルメールですよ)



くそがっ、新年早々なんてもん流しやがる。
おかげで親戚や妹から、「お兄ちゃんあれ何?」「お兄ちゃん、ミクって子が好きやねんで」「あらあらまぁまぁ」とか、生暖かい目で見られたやんけ。
訴訟だ、訴訟!!


もう息してないよ、お兄ちゃん、だからそんなにお年玉せびらないで、来年あげるから許して……


ミス・モノクロームさんは可愛い。
異論は認めない。



さて、久しぶりとなった京都探索。
今回の行き先は北野天満宮です。

今年は午年なので京都では競馬場近くの藤森神社や、数少ない神馬がいる上賀茂神社が人気だそうです。
ですが、この時期、受験生ご用達のこの場所、菅原道真公のご加護を授かりたい人は多いことでしょう。
修学旅行生にも人気の神社、紹介していきましょう。



 



IMG_2736

IMG_2738

IMG_2739

IMG_2740



この北野天満宮、京都でも屈指の人気スポットでして、初詣は約50万人の客で溢れるそうです
京都で一番人が訪れるのは、おそらく伏見稲荷大社ですね。
あそこは約250万人だそうです、辺鄙な地方都市の人口を上回ってますね(笑)



でもまぁ、私から言えるのはバイトはやめた方がいいということです。
神社業界は意外とブラックだそうでして、いいように神仏を使ってきてこき使うそうです。
私も去年は学校募集によるお守りなどを売るバイトをしたのですが、寒い中で白装束一枚(中は下着一枚)というアホみたいな恰好で、約9時間ぐらい拘束されて、ずっと立ちっぱなしで参拝客を捌いてました。

「ようこそお出で下さいました」が最後にいう言葉、最初じゃないですよ。

「○○円、お納めください」が会計時に言う言葉です。

私はもう絶対神社のバイトはしたくないですし、周りにも勧めてません。
マジやめたほうがいいよ、あれ。当たり外れが大きすぎる。



とまぁ、話はそれましたが、この北野天満宮にはあえて三が日を外して平日に来たにも関わらず、まだ参拝客が多かったです。
この北野天満宮、京都でも数少ないバイクが停めれる場所であり、しかも無料です。
京都の観光の際にバイクで来る方にはお勧めします。
西大路通りを北にまっすぐ!立命館の近くですよ。



・北野天満宮とは?

菅原道真公を祀る神社の宗祀(総本社)であり、親しみを込めて北野の天神様と呼んでます。
「どこっからきたのー、てんまんぐうー♪」なんて、小学生の時に言ってたりしてました。
それぐらい親しみのある北野天満宮、京都人じゃまず知らない人はいません。

代々王室のご崇敬を受け、国家国民を守護する霊験あらたかな神として崇められてきたようで、江戸時代の教育施設である寺小屋では必ず天神様がお祀りされ、学業成就や武芸上達が祈られてきました。
現在、菅原公を祀った神社がおよそ一万二千社あるとされ、その多くはこの総本社から御霊分けをした神社になる。
今でも「文道の太祖・風月の本主」と菅原公は仰ぎ慕われ、学問の神様としての信仰は今も昔も変わりません。


詳しくは北野天満宮HPから


IMG_2741

IMG_2747



京都には桜の名所は数多くあれど、梅の名所は少ないのではないでしょうか。
ここ北野天満宮は2月25日に梅花祭という、祭典が行われます。
これはもう、すっごく綺麗ですよー。
菅原道真が梅をこよなく愛したこともあり、神紋も梅で、約2万坪の敷地には50種1500本の梅が植えられているそうです。

さらに京都の行事の締めくくりである終い天神は12月25日1月25日には初天神があります。
菅原道真公が25日に生まれ、死去したのも25日のため、御縁日として毎月25日は天神という露店が立ち並びます。
特にこの終い天神と初天神は京阪神から多くの参拝客が来るそうで、毎年15万人ぐらいだそうです。



そりゃ、京都混むわ。





IMG_2743

IMG_2742

IMG_2744

IMG_2745



この日は仕事始めにも関わらず、多くの参拝客がいました。
バイクは自転車と同じスペースに駐車できるのですがスペースは狭いので、混雑時は避けた方が無難でしょう。

境内は至って普通の神社です。
といっても京都に生まれ育った私は神社なんて見慣れてるわけで、どれくらいからが普通なのかは分かりません(笑)

一見したところ、学問の神様を祭ってあるようには見えませんが、学問の神社らしく特別昇殿参拝祈祷や班別参拝祈などの受付をきっちり行っています。
商売上手ですな、さすがですわ。
修学旅行生を対象にした祈祷だそうで、なんとも商売魂溢れるプログラムです。


学問なんて、最後は自分の力で勝ち得るものだと思うぜ(キリッ)

と、菅原公は苦笑しているんじゃないでしょうか、そんな気がするんですが。




IMG_2752

IMG_2753


IMG_2755

IMG_2737

 
北野天満宮の神使は牛である

その理由については……

「道真の出生年は
年である」
「亡くなったのが丑の月の丑の日である」
「道真は牛に乗り大宰府へ下った」
「牛が刺客から道真を守った」
「道真の墓所(太宰府天満宮)の位置は牛が決めた」

など多くの伝承があり、どれが真実なのか、それとも全て伝承に過ぎないのかは今となっては良くわからないものの、それらの伝承にちなみ北野天満宮には神使とされる臥牛の像が多数置かれている。伝承のうち「牛が
刺客から道真を守った」というのは和気清麻呂を祭神とする護王神社和気神社の伝承との関連性が強く認められる。
(wikipediaより原文引用)


牛が神使なので、丑年はもう物凄く混みますよ。
どんだけ牛好きやねんと。
牛肉を神社内で食べたら、めちゃくちゃ怒られるんでしょうか、私気になります!


罰当たりなことは、くれぐれもしないように。
菅原公のお怒りで京都が退廃しかねません。
羅生門みたいに、老婆の衣服を奪うようなことはしたくありません、今の時代だと湿布臭そうですし!!



東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ


春風が吹いたら、香りをその風に託して大宰府まで送り届けてくれ、梅の花よ。
主人である私がいないからといって、春を忘れてはならないぞ。



(意訳)

(^q^) 左遷とかマジかよ……

(^q^)この家とお別れとかワロタww

(^q^)「左遷させられたんだけど、なんか質問ある?」ってVIPでスレ立てしよう……

(^q^)サーセンwww とかだれうまwww

(^q^)ご飯どうしよう、腹減った……

(^q^)梅咲いてるじゃん、この食欲をそそる匂いが大宰府にもあるのかな……

(^q^)オレが落ちぶれても、お前は元気に咲き誇れよ(キリッ)

(^q^)やばい、今のカッコ良すぎ、濡れた///



正直すいませんでした、反省してます。



これは菅原道真の詠んだ和歌でも、有名な和歌です。
左大臣であった藤原時平の政略によって大宰府に左遷となった菅原公が詠んだ和歌です。
文を読んだだけで哀愁感溢れる気持ちが吐露されており、またその悲しい情景も思い浮かべられそうです。

菅原公は5歳から和歌を詠んだり、武芸でも弓の技術は素晴らしく百発百中など、それなんて主人公?
というような存在だったそうです。
神童というやつでしょうか。
一度は憧れる中二ワードですね、分かります。




IMG_2756

IMG_2748



さて、私も前厄の年となりました、気を付けないと。
私の一つ上の方は本厄の年となります、事故がないよう気を付けてください。
厄除けのお守りを買っておくのも、いいかもしれませんね。


さて、この北野天満宮。
受験生の参拝者が多いこともあってか、どうやら大吉が出やすいとの噂を入手しました!!
苦節21年、今まで大吉が出た記憶がないraikus氏、ここはいっちょ大吉でも出してやろうかと意気込みます!


あっ、ちなみにおみくじ料金200円、良心的な価格設定です。


中吉wwww。
なにこれ、すっごい反応に困る。
いっそのこと、中トロって書いてくれた方がネタになるのに……


とりあえず、まだ単位取りきってない愚か者ですので、熱心に卒業祈願してきました。
この日は学業のお守りと縁結びのお守りを買いました。


えぇ、そうですよ、彼女欲しいよね、うんうん分かる分かる!!


とまぁ、いらん理解はしないでください(震え声)
一応就職の年ということもあるので、いい仕事関係を築いていきたいという思いを込めてです。
彼女欲しいという思いもちょこっとありますけど……


実は文子天満宮というところが花屋町に小さくあります。
小さい神社なので見落とすかもしれません。
道真公の乳母、多治比の文子が庭前に小さな祠をもうけ、道真の霊をまつり拝んだのが始まりだそうです。

入口には天神発祥の神社と記した石碑があり、受験シーズンになると結構参拝客が来ます。
ここで文子お守りというのが買えるんですが、お香の匂いがほのかにして、神職が一つ一つ手作りで作っているそうです。
修学旅行生はそちらに行くにもおススメですよー。



以上、北野天満宮の記事はこれにて終わりです。

記事を作る際に北野天満宮のことを調べたりしたんですが、意外と知らなかったことも多くあり、勉強になりました。
私たち京都人より、他府県から来る人のほうが京都のことを調べてやってくるので詳しいかもしれませんね。